仮想通貨

養分にならないためのICO手抜き選別法

こんにちは、アオジタトカゲです。

結論から言います。

ICOに関して私は、投資しているトークンの大半はプロジェクトの詳細を理解せずに投資しています。

ワイの参加ICO

  • HoloChain → 6.5倍くらい
  • Libra Credit →2倍くらい
  • MedicalChain(上場直後売り抜け)→2.5倍くらい
  • Loom Network(適宜利確)→多分3倍くらい
  • SwissBorg →😇
  • etc…

https://icodrops.com/ico-stats/ で確認してほしいのですが、参加したICOでの利益はめちゃプラスです。SwissBorgだけは握り続けて爆損です。もうなかったことにしましょう。

この地合いで一応利益を出しているので私は養分を食らっている側です。

プロジェクトの詳細を理解する必要はない

そもそも、すべてのICOプロジェクトに目を通せるわけないじゃん。

って話ですよ。

一か月に何十ものプロジェクトを精査するとか正気ですか?

どっかのインフルエンサーが「完全に理解できないものには投資してはいけない。」って言ってたって?

安心してください。そいつも別に勉強してないので。

人脈っていう便利なツールがあるんで詳しい人に良いプロジェクトかどうか教えてもらってるだけです。あんまり崇めなくて大丈夫ですよ。偉そうに発言してるやつに限って大したことはないです。(ブーメラン)

でも俺たちはインフルエンサーじゃないからー、横のつながりがないからー

わかります。しかも私たちの時間は限られています。

その限られた時間を有効に使うために調査すべき項目をまとめました。

※注意:以下は効率的に調査するために見るべきポイントであってガチの大金を入れるときは何から何まで見ましょう。

は、めんどくせーよ。ワイは楽して金が欲しいんじゃって人は1だけとりあえず見ろ。

調査すべき項目

1.パートナー、ファンド、VC

死ぬほど重要です。

特にファンドだのベンチャーキャピタルです。

企業の調査能力はほんとうに優秀なので。

 

このスプレッドシートを毎朝音読しましょう。

もうそれだけで勝てます。この記事は彼のツイートを引用するために作成しました。

単なる資金援助だけでなくプロジェクトへのアドバイス、パートナーとの仲介、マーケティングまで大いに影響を与えます。

強いパートナーは価格の引き上げが期待できますし、上場する取引所も決まる場合があります。

2.海外の注目

YOUTUBE見ろ。

日本のcrypto youtuberはカスですが、海外のは違います。

https://www.youtube.com/user/Suppoman2011

https://www.youtube.com/user/yourmom7829

https://www.youtube.com/channel/UCXyrBCWaRJzHfOtnWaR47Qw

はい、マカおじのツイートで騒いでる場合じゃねえぞ。

えっ、英語が分からないって?字幕ぐらいつけて。

3.トークンメトリクス

この言葉に親しくない人もいるかと思います。

そのICOの定量的なデータのことです。要は数字です。

  • トークン価格(プライベート、プリ、クラウドセールでの価格の違い)
  • 総供給枚数、循環枚数
  • 循環/総供給
  • ハードキャップ、調達額
  • トークンの保有割合
  • ロックアップの解放割合
  • etc…

解説しようとするとこの部分だけで記事が書けそうです。割愛します。

例えばハードキャップが馬鹿高かったらそこからの値上がりに期待しにくい……とか。

この項目は裏切らないです。なぜなら数字だから。定性的なデータとは違います。

4.プロジェクトの内容

あれ?お前、プロジェクトを理解しなくていいって言ったやんけ(怒)

いや、ワイはプロジェクトの“詳細”を理解していないってだけやで。

金をかけるんだからホワイトペーパーくらい読んでください。

競合の規模はどれくらいか、ポエムばっか謳っていないか。

4番目にプロジェクトの内容がくるとか詳しい人に怒られそうです。

が、私はこんなもんです。その分他の項目のが楽に判別できるので。

5.プロダクトがどれくらい進んでいるか

分かりやすいのはGithubなんかのリポジトリみることです。芝生が全く生えてなかったら、は?って感じですがエンジニア以外にはわかりにくいかもれません。

良いプロジェクトはイベントに呼ばれて登壇したり、賞をもらっています。

あとは、メインネットやテストネットのローンチがいつごろ予定されているか。

ロードマップの進みはどうか。

最近だとマスターノードの実装予定も加味したほうがいいです。

6.チーム

これらはプロジェクトを達成できる能力、可能性につながります。

が、SCAMかどうかの確認くらいの基準にしかならねえんじゃねえかなと個人的には思っています。

チームメンバーの顔画像で検索くらいはしてみようね。

まとめ

判別法ではないので最後にさらっと書きますが、

プロジェクトが良さそうだったらできる限り、プライベートセールやプリセールで入るべきです。

もうそれだけで利益がでます。